東京大学原子核研究所(高エネルギー加速器研究機構)の超伝導磁気分析装置"SKS"
Superconducting Kaon Spectrometer "SKS" at KEK

KEKのSKSホームページ


経過 (introduction)

1987年頃,東京大学原子核研究所の中間エネルギー部が高エネルギー物理学研究所(当時)の陽子シンクロトロンを使って行うハイパー核に関する実験装置を高エネルギー物理学研究所の敷地内に建設するにあたって協力を依頼され,初期の光学的検討の段階に参加しました。

In 1987, INS team planed to construct a super-conducting Kaon spectrometer at the KEK-PS site. I participated the project at the optical designing stage.


構造上の特徴 (features in the structure)

強い磁場を発生させるので、超伝導電磁石になっています。超伝導電磁石の場合にはできるだけ単純な構造が有利です。

Because the spectrometer requires a high magnetic field, a super-conducting conductor was used. The simpler in structure, the easier the construction of the super-conducting magnet.

このスペクトロメータは左右対称な磁石の形状をしているために超伝導コイルを支える力が軽減され、支えの部分から熱が流れ込むのを小さくしてあります。そのため冷却の負荷が小さくなっています。

Because the magnet has a left-right symmetry, the mechanical structure of coil support could be simplified, redusing the heat leak through the support. The load to the cooling system wad decreased.

この扇形の形をさらに長方形にすれば超伝導の立場からは望ましいことですが,光学的には軌道が収束しなくなるので不利になります。

From the point from the cooling load, rectangular shape of the magnet seems to be desirable. However, we cannot converge the trajectories of the particles by such a geometry.


設置位置 (location)

このスペクトロメータは北カウンターホールのK6コースに設置されています。

This spectrometer is installed at the K6 course of north counter hall.



写真 (photograph)

この写真は上記ホームページからコピーしました。

This picture was imported form KEK-SKS homepage.


詳細仕様 (detailed specifications)

運動量分解能(momentum resolution)1/1000
最大運動量(maximum momentum)1.5 GeV/c
立体角(solid angle)100 msr
運動量帯域(momentum range)20 %
偏向角度(bending angle)100 degree
飛行距離(flight path)5 m
磁極間隙(pole gap)50 cm
最大磁場(maximum field)3 T
電磁石重量(magnet weight)265 ton


報告 (publications)